キャンプデビューするアウトドア初心者向け情報サイト

①キャンプウェア選びの考え方

キャンプウェアは、重ね着が基本

キャンプウェア

キャンプや登山などアウトドアの服装は、
レイヤード(重ね着)が基本です。

暑くなったら脱いで、
寒くなったら着るという風に持っている服を足し引きして
体の体温を適切に保つ必要があります。

レイヤード(重ね着)の考え方

(1)アンダー

下着など一番下に着る服です。
キャンプで重い荷物をもったり、軽く走り回ると汗をかきますよね。
汗で塗れたままにしておくと体力は奪われてしまい、体調不良を招く原因にもなるでしょう。
アンダーウェアに要求される機能は、汗を吸い上げて外側に放出し、皮膚の表面をドライに保つことです。

アンダーウェアの主流は、汗を吸い上げて外に排出する機能を持った化学繊維でしょう。
大量に汗をかいても、水分を含んでしまう綿のように不快感を感じずにすむでしょう。

<ウェアに必要な機能>

○即乾性(汗が乾きやすいもの。化学繊維、ハイブリッド素材)
○運動性

②インナー

フリース、トレーナーなど下着の上に着る服のことです。
インナーウェアの役わりは、アンダーウェアが吸い上げた汗をさらに外側へ放出することです。
インナーウェアは、アンダーとアウターの中間に着るものと考えてください。
その種類は幅広いです。素材選びは、季節やシチュエーション、運動量などによって適切なものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、夜は冷気などで寒くなります。
温かい空気をため込む機能が優れている素材は、化学繊維のフリースやセーターなどがあります。
特にフリースは軽いですし、即乾性もあるため、アウトドアでは大活躍する服といわれています。

<ウェアに必要な機能>

○保温性(冷気などで寒くなったとき、体温を保持する働き)
○耐久性(服が簡単に切れない、裂けない)
○運動性(動きやすい、収縮性がある)

③アウター

ウインドブレーカー、マウンテンパーカーなど一番上に着る服です。
アウター選びで心かけることは、防水性、防風性、透湿性、この3つの機能がある服を選ぶということです。
防水性とは、急な雨でも体が濡れないよう防いでくれる働きのある素材のことです。防風性とは、ナイロン素材など風をシャットアウトしてくれる素材などのことをいいます。
そして、透湿性とは内側の湿度を外に逃がしてくれる機能のこと。ゴアテックスやハイテク素材などがあります。

<ウェアに必要な機能>

○防水性(水を防ぐ働き)
○防風性(風をシャットアウトする)
○透湿性(内側の湿度を外に逃がす)

このように、実際のアウトドアでは、アンダー、インナー、アウターを組み合わせて着ることになります。

それぞれの素材の特徴を知り、適切に組み合わせて着れば、快適なキャンプ生活を送ることができるでしょう。
気温の変化を感じたら、こまめに脱ぎ着してコントロールしましょう。

人気のアウトドアウェアを探すならココ!


スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析