キャンプデビューするアウトドア初心者向け情報サイト

④キャンプ場の種類

キャンプサイトの種類

テントとタープを貼る場所(キャンプサイト)には、区画サイトとフリーサイトの2種類があります。
どちらも長所と短所があるので、それぞれの特徴を調べておきましょう。

区画サイト

区画サイト

駐車場とテントやターブを張る場所が予め決められているサイトのことをいいます。

車の乗り入れができるオートキャンプ場にあります。

AC電源や水道が付いているところも多く、わざわざ炊事場まで水汲みしなくてもよいというのが、いいところです。

ロープなどで一つひとつ区画分けされているので、混雑期にスペースが確保できないというトラブルはありませんし、仕切りがあるため、自分の領域という安心感が生まれます。
区画足とがあるオートキャンプ場は、施設も充実していますし、芝生もきれいに整っているという特徴もあります。

フリーサイト

フリーサイト

場内で決められた範囲であれば、どこにテントを張ってもよい。というのが、フリーサイトです。

このフリーサイトのメリットは、混雑していなければ、好きなところに好きなだけスペースが確保できることです。

また、区画サイトよりも、自然の醍醐味を得ることができるといわれています。

予約の際に注意することは、水道や炊事場、トイレの一などでしょうか。
荷物の運搬のときは、車を乗り入れることができるのか?ということも予め確認しておいた方がいいかと思います。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析