キャンプデビューするアウトドア初心者向け情報サイト

④レインウェアで雨対策

レインウェアで雨対策

レインウエア

キャンプをする日が必ず晴れるとは限りません。
夏前の6月7月には梅雨がありますし、秋の9月には台風があります。
一年を通してこの時期は、雨の多いシーズンです。
この時期のために雨具を用意しておきましょう。

慣れてくると多少の雨ならキャンプは続行できます。
ですが、体が濡れてしまっては快適度が下がってしまいます。
体が冷えて風邪をひいてしまうことも。
雨でも楽しく遊ぶためにはレインウェアはマストアイテムです。
できれば人数分用意しておきましょう。

レインウエアは消耗品ですが、長く使えるアウトドア用を購入することをオススメします。
最近では蒸れにくい高機能のものが発売されています。

キャンプ用のレインウェアの種類

キャンプ用の雨具には、「レインコートタイプ」と「セパレートタイプ」があります。

レインコートは簡単に脱ぎ着できてお手軽感があります。
特にポンチョ型は急な雨でもすっぽりかぶればいいだけです。
ですが、足元が濡れてしまうという欠点があります。

動きやすさを重視するなら、断然、セパレートタイプでしょう。
走っても足下が濡れないのは嬉しいポイント。

レインウェアの素材は何がいいか

素材では、どんな防水素材をつかっているかで値段が違ってきます。
雨などの水を通さない「防水性」と汗などの湿気を外に放出する「透湿性」ともに兼ね揃えた素材がおススメです。

「防水性」と「透湿性」ともに完備!おススメレインウェアの商品を紹介

ザ・ノース・フェイス ハイベント レインテックス

日本の自然に雨はつきものです。
でもこのハイベントレインテックスがあれば、トレッキングのようなアクティブな行動も、のんびりキャンプなどを楽しみたい時間もストレスなく楽しむことができるでしょう。
高い防水透湿性や各機能など必要十分な機能を持ち、ベーシックなデザインは用途を選びません。
風を遮りたい時の軽量シェルとしても最適。
これからアウトドアスポーツを始めようというビギナーの方にもおすすめです。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析