キャンプデビューするアウトドア初心者向け情報サイト

⑤クーラーボックス

クーラーボックス

クーラーボックス

アウトドアで冷蔵庫代わりとして大活躍なのが、クーラーボックスです。
食材の安全保管には、絶対になくてはならない用品として必ず使われています。
ここでは、外出時に活躍する小さな冷蔵庫クーラーボックスの種類と選び方のポイントを紹介いたしましょう。

ハードタイプ

食品をガッチリと保管するのに優れているのがハードタイプのクーラーボックス。
カタチが崩れずに柔らかな食品を保存していくのには最適でしょう。
ハードタイプのクーラーボックスは昔からあるのでサイズもデザインも豊富にそろっています。
サイズは大きければそれだけ物が入りそうですが今度は重くて持ち運べなくなってしまいます。
目安としては45L前後が最適なサイズと覚えておいてください。

Coleman(コールマン) アルティメイトエクストリームホイールクーラー/50QT

クーラーボックスのハードは種類は実に種類が豊富です。昔からその人気は変わっていません。
夏の1泊やオールシーズン2泊以上ならエクストリームシリーズが最適でしょう。

ソフトタイプ

ハードタイプから主役の座を奪うくらい今人気を集めているのが、ソフトタイプのクーラーボックスです。
小さく収納できるクーラーもあれば、素材がやわらかいだけの製品もあります。
急に保存する品物が増えたときなどの緊急用にも便利です。
使わないときは折りたたんでしまっておけるので荷物にならず便利ですよね。

Coleman(コールマン) エクストリームソフトクーラー 35L

今人気のソフトタイプのクーラーボックスといえばこれ!

キャリータイプ

クーラーに食べ物や飲み物を入れるとどうしても重くなりますよね。
そんなときおススメなのが、キャリータイプのクーラーボックスです。
いっぱい詰め込んで重くなっても運びやすいようにキャスターがついています。

igloo(イグルー) ローリングクーラー

igloo(イグルー) ローリングクーラー グリーン  #154949
igloo(イグルー) (2012-04-05)
売り上げランキング: 15,986

たくさんいれてもキャリーだから苦労なく運べちゃう!
女性の方でも楽に持ち運びできるキャリータイプ。
カラフルな色合いがポップでオシャレで飽きません!

クーラーボックスを選ぶポイント

[check]容量と大きさを十分に検討しておこう!

クーラーボックスは、小さいより大きい方がいい!と考えて、大きさ任せに購入してしまうとあまりの重量の重さに耐えきれなくなってしまう。
サイズはいたずらに大きいと思い、かといって小さすぎると物が入らないということにならぬよう、自分たち家族に必要なクーラーボックスの容量と大きさを知っておいた方がいいでしょう。
家族4人の1泊2日のキャンプで、40Lから50Lが必要な容量のひとつの目安としてください。

[check]クーラーボックスの使い分けで!

クーラーボックスは、ハードとソフトの両方とも購入し、食材と飲み物とで使い分けるのが最も効率のよい使い方だといわれています。
ハードタイプには食品を入れてソフトタイプは飲み物専用として手元において利用してみてください。

クーラーボックスの正しい使い方

野外の冷蔵庫であるクーラーボックスも正しい使い方をしないと、本当の力を発揮してくれません。
断熱性の高い箱であるクーラーボックスは、氷や保冷剤を入れることによって内部の温度を下げるという働きを持っています。
フタの開け閉めの回数を減らす、日陰に設置するなど、氷を長持ちさせる工夫で保冷力を持続させたいものです。

また、何でもかんでもクーラーボックスに詰め込んでしまうというのは問題。
クーラーに入れる、入れないに分けて、それをさらにしっかりと冷やしたいもの、食べる直前に冷やせばいいもの、などクーラーないでの場所を決めましょう。
また、パック入りの肉や魚といった平らなものは立てて入れたり、トレーにのらないが漏らしたくないものはビニール袋の中にいれるなどの工夫も必要です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析